未分類

JDSC(4418)ロックアップ期間-加藤聡志(代表取締役)

5%ルール大量保有報告書 JDSC(4418)-加藤聡志(代表取締役)

JDSC

令和3年12月23日受付
発行会社:JDSC(4418)
提出者:加藤 聡志
保有株券等の数:4,940,400
0%→38.56%
保有目的:発行会社の代表取締役として発行会社の経営を目的としております。
また、安定株主として長期保有を目的としております。
【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】
発行会社のオーバーアロットメントによる売出しに関連して、提出者と大和証券株式会社は、提出者の保有する発行会社のうち、普通株式366,000株を大和証券株式会社に対して貸付する旨の契約を締結しています。なお、大和証券株式会社は、2021年12月20日から2022年1月14日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに係る上記株式数を上限とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
 
提出者は、大和証券株式会社及び株式会社SBI証券(以下、「共同主幹事会社」という。)に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(2022年6月17日)までの期間(ロックアップ期間)、共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨を合意しております。

年月日 株券等の種類 数量 割合 市場内外取引の別 取得又は処分の別 単価
令和3年12月20日 普通株式 360,000 2.81 市場外 処分 1,545.60

関連記事

  1. 旧村上ファンド系オフィスサポートが中国塗料(4617)株式を一部売却

  2. モダリス

    IPOモダリス(4883)-ファストトラックイニシアティブ(処分売り)…

  3. ペッパーフードサービス株売り大株主フラッグシップアセットマネジメント

  4. 日本証券金融(8511)-日本バリューインベスターズ(保有株減少)

  5. スノーピーク

    スノーピーク(7816)-野村證券0%→5.28%

  6. 世紀東急工業

    ストラテジックキャピタル手口アクティビストが世紀東急工業を買い上げる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP