未分類

キャンバス(4575)新株予約権の行使による株式取得と売却繰り返し

5%ルール大量保有報告書 キャンバス(4575)-インフレクション・ツー・インベストメント(新株予約権の行使)

令和4年7月6日受付
発行会社:キャンバス(4575)
提出者:InfleXion II Investment, Inc.(ケイマン諸島)
共同保有者
InfleXion II Investment, Inc.
InfleXion II Cayman GP, Inc
保有株券等の数:4,314,400
保有潜在株券等の数:4,298,000
29.93%→28.78%
保有目的:純投資

キャンバス発行株数増加による1株希薄化

新株予約権によりキャンバス発行済み株数が増加している、インフレクション・ツー・インベストメントはキャンバス株価上昇のタイミングで新株予約権行使による普通株式を取得、市場で売却を繰り返している。

一般的に四季報など企業データに記載されている発行株数と、新株予約権が普通株に転換して市場で流通量が増えるため、1株利益の希薄化を招く。

キャンバス
CanBas キャンバス(4575)

当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況

年月日株券等の種類数量割合市場内外取引の別取得又は処分の別単価
令和4年5月18日株券(普通株式)4,0000.04市場内処分
令和4年5月19日新株予約権証券(第17回新株予約権)4,0000.04市場外処分新株予約権の行使
令和4年5月19日株券(普通株式)4,0000.04市場外取得新株予約権の行使による取得(180.00円)
令和4年5月19日株券(普通株式)2,2000.02市場内処分
令和4年5月20日新株予約権証券(第17回新株予約権)2,2000.02市場外処分新株予約権の行使
令和4年5月20日株券(普通株式)2,2000.02市場外取得新株予約権の行使による取得(180.00円)
令和4年5月20日株券(普通株式)1,0000.01市場内処分
令和4年5月23日新株予約権証券(第17回新株予約権)1,0000.01市場外処分新株予約権の行使
令和4年5月23日株券(普通株式)1,0000.01市場外取得新株予約権の行使による取得(180.00円)
令和4年6月6日株券(普通株式)4,0000.04市場内処分
令和4年6月7日新株予約権証券(第17回新株予約権)4,0000.04市場外処分新株予約権の行使
令和4年6月7日株券(普通株式)4,0000.04市場外取得新株予約権の行使による取得(265.00円)
令和4年6月7日株券(普通株式)4,0000.04市場内処分
令和4年6月8日新株予約権証券(第17回新株予約権)4,0000.04市場外処分新株予約権の行使
令和4年6月8日株券(普通株式)4,0000.04市場外取得新株予約権の行使による取得(328.00円)
令和4年6月20日株券(普通株式)4,0000.04市場内処分
令和4年6月21日新株予約権証券(第17回新株予約権)4,0000.04市場外処分新株予約権の行使
令和4年6月21日株券(普通株式)4,0000.04市場外取得新株予約権の行使による取得(491.00円)
令和4年6月21日株券(普通株式)4,0000.04市場内処分
令和4年6月22日新株予約権証券(第17回新株予約権)4,0000.04市場外処分新株予約権の行使
令和4年6月22日株券(普通株式)4,0000.04市場外取得新株予約権の行使による取得(581.00円)

当該株券等に関する担保契約等重要な契約

提出者は、インフレクション・ツー・ケイマン・エルピーのジェネラルパートナーであるインフレクション・ツー・ケイマン・ジーピー・エルピーのジェネラルパートナーとして保有しております。

提出者は、発行者との間で、株式会社キャンバス第17回新株予約権(目的となる株式数54,400(報告義務発生日時点)。)に係る引受契約を締結しており、公開買付者が発行者の役員である公開買付けが開始された場合など一定の場合には、提出者は、その選択により、発行者に対して書面で通知することにより、第17回新株予約権の全部又は一部の取得を請求することができることを合意しております。

提出者は、発行者との間で、株式会社キャンバス第4回無担保転換社債型新株予約権付社債に係る引受契約(目的となる株式数56,600(報告義務発生日時点)。)を締結しております。

提出者は、河邊拓己氏との間で、2021年9月2日付で、発行者の普通株式合計8,000株について株式貸借契約を締結しております。貸借期間は、2021年9月2日から2022年12月25日又は提出者が保有する第17回新株予約権の全部につき行使が終了した日の4営業日後の日のうち、いずれか早いほうの日まで(但し、貸借期間満了前に、貸借対象株式の全部又は一部の返還が行われることがあります。)です。

関連記事

  1. 野村アセットマネジメントが大林組(1802)株式を大量取得

  2. メディアリンクス株式大量保有-楽天証券貸株サービス取引ゴールドマン・サ…

  3. INCLUSIVE(7078)-堀江貴文が大株主に登場

  4. 野村アセットマネジメント保有銘柄を買い増しスミダコーポレーション(68…

  5. JAL大株主-野村證券保有目的:証券業務に係る商品在庫

  6. 大豊建設

    シティインデックスイレブンスが大豊建設株式を買い増し34.43%→35…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP