レオス・キャピタルワークス

鳥貴族株式を有力ファンドのレオスキャピタルワークスが大量買い

5%ルール大量保有報告書 鳥貴族ホールディングス(3193)-レオス・キャピタルワークス

2024年2月7日受付
発行会社:鳥貴族ホールディングス(3193)
提出者:レオス・キャピタルワークス株式会社
保有株券等の数:741,600
0%→6.38%
保有目的:「投資一任契約」及び「投資信託委託契約」に基づく純投資

ひふみ投信のレオスキャピタルが鳥貴族を大量保有

投資信託ブーム、新NISAを始める個人投資家にも知名度の高い「ひふみ投信」の運用会社レオス・キャピタルワークスが居酒屋鳥貴族ホールディングス株式を大量に買い付け大株主になった。

大量保有報告書によると、鳥貴族ホールディングス発行済み株式の6.38%、741,600株をレオス・キャピタルワークスが買った。5%を超える大株主になったことで、大量保有報告書を提出している。公開情報によるとレオス・キャピタルワークスは鳥貴族株式の保有目的を「投資一任契約」及び「投資信託委託契約」に基づく純投資としており、株価値上がり期待が投資家の思惑となった。

関連記事

  1. レオスキャピタルワークス1%以上の重要な契約の変更 Fringe81(…

  2. フィックスターズ

    レオス・キャピタルワークス投資先銘柄-フィックスターズ(3687)一部…

  3. マークラインズ

    レオス・キャピタルワークスとSBI証券がマークラインズ株式を80万79…

  4. トリケミカル研究所

    ひふみ投信のレオスキャピタルワークスがトリケミカル研究所株式一部売り

  5. レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信)メック株式を処分売り

  6. Gunosyグノシー

    レオス・キャピタルワークスがGunosy株式を売却ポートフォリオ変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP